Logo 09069986faf7cf80ef7aa1f8962eae903f40e8c2a9da0289144bc47e992a547d.fw

Showa Shell Group & the SDGs

昭和シェル石油グループとSDGs

昭和シェル石油の社会課題解決についての考え方

 社会を構成する一員として、企業が経済性だけでなく環境や社会に対する意識を持って事業活動を行うことは、もはやビジネスを行う上での前提条件であり、当社の企業活動規範の一つである「持続的成長」は企業および環境・社会双方にとって必要不可欠な要素であると考えています。
 この「持続的成長」という観点を自社としても今まで以上に強く意識して事業活動を行うべきとの考えから、2018年度より本格的にSDGsを活用しています。

広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

昭和シェル石油グループの6つの重点領域

昭和シェル石油グループの6つの重点領域

石油の事業効率化と価値最大化

原油船の調達と運航の効率化/製品製造効率化・省エネ促進/基材・製品の物流効率化/販売ネットワークの効果的な展開と販売拠点の効率化/ケミカルシフトの推進/環境負荷の低減に資する商品の展開

  • SDGs 6
  • SDGs 7
  • SDGs 9
  • SDGs 11
  • SDGs 12
  • SDGs 13
  • SDGs 14
  • SDGs 15
再生可能エネルギーの普及促進

太陽電池パネルの製造効率化/太陽電池パネルの販売促進/太陽電池パネルの研究開発/メガソーラー発電所の開発および運営維持/バイオマス発電所の運営維持および効率化

  • SDGs 6
  • SDGs 7
  • SDGs 11
  • SDGs 12
  • SDGs 13
  • SDGs 14
  • SDGs 15
新規事業領域の開拓

新技術の研究推進(人工光合成、バイオマス燃料など)/新たなビジネスモデル開発の推進/海外事業展開の加速

  • SDGs 8
  • SDGs 9
ゴールゼロー安全操業の徹底ー

製油所、発電所、工場の操業における安全安定操業

  • SDGs 3
  • SDGs 6
  • SDGs 7
  • SDGs 9
  • SDGs 11
  • SDGs 14
  • SDGs 15
パートナーシップの更なる深化

特約店およびサプライチェーンにおけるパートナーとの協働の深化

  • SDGs 8
  • SDGs 10
  • SDGs 17
D&Iの推進ー人材力と組織力の向上ー

社員の学習・自己啓発・能力向上の機会の強化/多様性の理解促進/ 1+1=∞とする組織風土の醸成

  • SDGs 4
  • SDGs 5
  • SDGs 8
  • SDGs 10
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

SDGs担当役員メッセージ

SDGs担当役員メッセージSDGs担当役員メッセージ常務執行役員 CFO  坂田貴志
 当社は、エネルギーへの普遍的アクセスを確保することで、人びとの生活や産業といった社会の持続的発展を支えています。その一方で、石油製品の精製・販売、発電、太陽電池パネルの生産などのすべての事業活動が、自然環境のみならず、文化的・社会的な環境に負荷を与える可能性があることを認識する必要があります。それら環境への負荷を最小化することが当社および社会の持続的発展に繋がると考えています。この一環として、2017年12月に社内に「SDGs部門横断チーム」を発足しました。今後、SDGsを活用した取り組みを更に強化し、当社の経営理念の具現化と更なる企業価値の向上を追求してまいります。
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

マテリアリティ(重点領域)特定プロセス

 2017年12月に「SDGs部門横断チーム」を発足し、当社グループにおけるSDGsの活用がスタートしました。当チームは各部門から選抜されたメンバー 25名で構成され、以下のステップで取り組みを進めました。当チーム作成の重点領域案に基づいて、執行役員がディスカッションを行い、「当社における6つの重点領域」を最終決定しました。

Step1 既存事業とSDGsとの関連性確認
各部門におけるすべての事業活動について、SDGsの17目標と照らし合わせることで、社会的課題との関連性(ポジティブ or ネガティブ/強み or 弱み等)を確認
Step2 多角的レビュー

SDGs部門横断チームメンバーで、当社事業活動と社会的課題との関連性を多角的に検証

多角的レビューの様子多角的レビューの様子

Step3 強化・拡充する内容、新たに追加する内容の特定
Step2のレビュー結果を各部門にフィードバックし、共有の上、強化・拡充する内容、新たに追加する内容を再検討
Step4 取り組み内容の優先順位付け重点領域の特定

Step1~3を踏まえ、当社事業の取り組みについて位置付けの整理、優先順位付けを行い、チームとしての重点領域案を作成

チームディスカッションの様子チームディスカッションの様子

  • 外部有識者のアドバイスも参考に、縦軸「地球・社会にとっての影響度」、横軸「経済活動面への影響度」と定め、以下の観点からスコア付けをし、合計点をマッピング優先順位付けを実施。
  • その後、執行役員がマネジメントディスカッションを行い、「当社における6つの重点領域」を最終決定。

経済活動面への影響度地球・社会にとっての影響度
それぞれを評価し、両方に影響度が高い要素を重点領域としました。

6つの重点領域

横軸経済活動面への影響度
収益性 利益、コスト、原価、販売数量など
事業継続 事業を行う上で必要不可欠な法規制を含む対応
独自性 強みなど
成長性 経済成長性、市場拡大への期待など
縦軸地球・社会にとっての影響度
気候変動/大気中CO2濃度への影響 エネルギー消費削減・再エネ普及・CO2排出削減・CO2吸収など
天然資源/生態系への影響 資源使用削減・有効利用・生態系保全・リサイクルなど
人への影響 健康、人権、労働環境、安全確保、雇用、教育など
社会への影響 エネルギー安定供給、産業基盤、イノベーション、地域貢献、サプライチェーンなど間接的な経済成長など
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

昭和シェル石油のSDGsへの取り組み

SDGsへの取り組みの目的

 SDGsへの取り組みを通じて、グループ社員一人ひとりに『経済・環境・社会の3つの視点を持ち、包括的かつ長期的にビジネスの取り組みを捉え、考えていく思考』を根付かせることを目指し、当社の経営理念である「私たちのエネルギーで未来を元気にします」を将来に亘って具現化することを目的としています。

SDGsの視点が根付いている状態のイメージ図SDGsの視点が根付いている状態のイメージ図

SDGsへの取り組みのタイムライン

SDGsへの取り組みのタイムライン

SDGs部門横断チームメンバーSDGs部門横断チームメンバー

広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

SDGs部門横断チ―ム参加者の声

SDGs部門横断チ―ム参加者の声製造部企画課  吉川和喜
 「SDGs部門横断チームのメンバーに推薦したい」と上司から話があった際、最初に出た言葉は「SDGsって何ですか?」というものでした。そのようなスタートとはなったものの、部門横断チームの活動においては、様々な気付きを得ることができました。特に、当社の事業活動をリストアップし、SDGsの各目標と照らし合わせ、社会的課題との関連性を多角的に検証するステップでは、メンバーとの侃々諤々(かんかんがくがく)の議論が印象に残っています。
 メンバー間の多角的レビューの後、当社の取り組み内容について優先順位付けし、まとまったものが6つの重点領域です。紆余曲折がありましたが、この重点領域を定めることができたのは参加したメンバーが「持続的成長」の重要性を感じ、積極的に取り組んだ結果であると思います。
 部門横断チームを中心とした活動を通じて、SDGsという言葉の社内の認知がより進んだと感じています。経営理念である「私たちのエネルギーで未来を元気にします」を将来に亘って実現していくためには、私たち自身が、事業活動の結果、環境・社会へ及ぼす影響をきちんと把握・理解しなければなりません。その共通言語になり得るSDGsの視点を当社グループにしっかりと浸透させることが、持続性を持って未来を元気にすることに繋がるはずです。
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ
昭和シェル石油グループとSDGs
昭和シェル石油グループとSDGs

昭和シェル石油の社会課題解決についての考え方

 社会を構成する一員として、企業が経済性だけでなく環境や社会に対する意識を持って事業活動を行うことは、もはやビジネスを行う上での前提条件であり...

昭和シェル石油グループとSDGs
昭和シェル石油グループとSDGs

昭和シェル石油グループの6つの重点領域

石油の事業効率化と価値最大化 原油船の調達と運航の効率化/製品製造効率化・省エネ促進/基材・製品の物流効率化/販売ネットワーク...

昭和シェル石油グループとSDGs
昭和シェル石油グループとSDGs

SDGs担当役員メッセージ

SDGs担当役員メッセージSDGs担当役員メッセージ常務執行役員 CFO  坂田貴志  当社は、エネルギーへの普遍的アクセスを確保することで...

昭和シェル石油グループとSDGs
昭和シェル石油グループとSDGs

マテリアリティ(重点領域)特定プロセス

 2017年12月に「SDGs部門横断チーム」を発足し、当社グループにおけるSDGsの活用がスタートしました。当チームは各部門から選抜されたメンバー ...

昭和シェル石油グループとSDGs
昭和シェル石油グループとSDGs

昭和シェル石油のSDGsへの取り組み

SDGsへの取り組みの目的  SDGsへの取り組みを通じて、グループ社員一人ひとりに『経済・環境・社会の3つの視点を持ち、包括的かつ長期的にビジ...

昭和シェル石油グループとSDGs
昭和シェル石油グループとSDGs

SDGs部門横断チ―ム参加者の声

SDGs部門横断チ―ム参加者の声製造部企画課  吉川和喜  「SDGs部門横断チームのメンバーに推薦したい」と上司から話があった際、最初に出...