Logo 09069986faf7cf80ef7aa1f8962eae903f40e8c2a9da0289144bc47e992a547d.fw

HSSE HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)

安全(SAFETY)

事故なく安全な操業を維持することは、当社グループの競争力の源泉であるとともに、社会からの信頼の基盤でもあります。当社では「安全規則」をはじめ、万一事故が発生した場合の迅速な対処方法や、原因究明および再発防止策を定めるとともに、安全表彰制度を設けるなど、安全に対する意識の向上と、安全に関わる体制の改善を図っています。特に「安全確保」「品質保全」の徹底を図る活動として、系列特約店や協力会社を含め、Safety &Quality First(SQF)運動を実施し、事故ゼロに向けて継続的な取り組みを推進しています。

ゴールゼロ運動の実施

 安定供給の使命を果たしお客様からの信頼を築いていくためには、休業災害などの重大事故発生を未然に防ぐことが非常に重要です。事故を未然に防ぐには、設備の充実、要領・手順の整備などの「ハード面」のほか、安全意識など「ソフト面」の徹底が重要となります。当社グループではこの「ソフト面」強化の取り組みとして、休業災害などの重大事故の発生ゼロを目指す「ゴールゼロ運動」を2011年より継続実施しています。
 2016年は四半期ごとに以下の重点活動を定め、安全意識の向上を図りました。

四半期ごとの重点活動
第1四半期: 挨拶と指差呼称
第2四半期: 基本的安全ルールの周知徹底
第3四半期: 熱中症と交通事故
第4四半期: 転倒災害
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

全労働災害発生率

 関係会社を含むグループ全体の労働災害発生件数についてはリアルタイムでモニタリングが行われ、状況に応じてグループ全体で推進する、安全啓発・推進活動「ゴールゼロ運動」の取り組みのほか、休業災害発生ごとに類似事故防止調査および防止策の水平展開などが行われています。100万労働時間当たりの労働災害発生率についても適宜集計が行われています。

全労働災害発生率の推移
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

VR(バーチャルリアリティ)技術を活用した安全体感教育の実施

Theme thumb 01

 労働災害に関して、近年では事故が減少したことにより、作業者が災害に直面するという経験そのものが少なくなっていることで、危険に対する感受性(危険予知能力)も低下してきています。そのため、職場に存在する身近な危険を具体的に体感・経験することで危険への感受性を向上させる安全体感教育を導入し、2016年度は製油所など2ヵ所で実施しました。
 安全体感教育プログラムは、最新の技術によるVR(バーチャルリアリティ)を利用したもので、安全体感の中でも特に疑似体験が困難とされる「墜落」「転落」「火傷」の3つの災害をVR技術により具現化します。高所に架けられた足場での歩行、作業台上からの転落、電動カッターの火花飛散による火傷など、実際の現場で起こりやすい災害をVR技術で疑似体験することが、安全意識を高めることに繋がります。
 当社では、グループ会社を含め現場作業に携わる多くの従業員に対し、計画的にこのような教育を受講できるようプログラムを組んでいます。2017年も2ヵ所の製油所で実施を予定しており、より効果的に安全意識を高めることを目指しています。
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

安全運転管理者ネットワークの設置

 当社グループの営業車等における交通災害(車両事故を含む)撲滅のために、ドライビングスタンダードを制定し、道路交通法の安全運転管理者設置義務のない事業所においても、2005年から独自の安全運転管理者を置き安全教育に努めてきました。2016年には全グループでベストプラクティスを共有できる仕組みである「安全運転管理者ネットワーク」を設置するとともに、マネジメント・システムの強化を行いました。
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

安全表彰式の開催

Theme thumb 2

2017年安全表彰式

 グループ全社をあげて、社員の安全意識の啓発および会社の安全水準の向上を図ることを目的に、1992年より「安全表彰式」を実施しています。毎年3月に表彰式を実施し、2016年は1年間無事故・無災害を達成したすべての事業所に授与される「安全功労賞」は28事業所、現業所の規模に応じて定められた所定期間の無事故・無災害を達成した事業所に授与される「特別賞」は1事業所が受賞しました。
 また2017年は、安全功労賞は29事業所、特別功労賞(前年の特別賞と同等)は6事業所が受賞しました。さらに4月に発生した熊本地震の際に、余震が続く中で速やかな施設点検を実施、二次災害防止と製品安定供給に尽力し、さらに救援物資の受入れ保管、近隣特約店への提供など補給基地として地域のライフラインの確保にも貢献したとして、ジャパンオイルネットワークの八代油槽所が、「熊本地震復興貢献特別賞」を受賞しました。
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ

HSSE役員訪問の実施

Theme thumb 3

亀岡グループCEOの西部石油・山口製油所訪問

Theme thumb 4

小林COOの昭和四日市石油・四日市製油所訪問

 HSSE役員訪問は2006年に始まり、毎年全役員が分担して各職場を訪問し、HSSE活動を確認するとともに職場の一人ひとりと語り合い、ゴールゼロを目指して再スタートを切ることを目的に実施してきました。
 2016年は「各職場の基本的安全ルールの周知徹底」をテーマとして実施されました。各職場には文書化されているルールだけではなく、その職場に受け継がれている文書化されていないルールが沢山あります。それらを新人へ、 後輩へきっちりと伝承するとともにルール遵守を相互に確認しあうことでHSSEパフォーマンスの維持・向上が図れます。今回の役員訪問では事故事例を紹介するなど、基本的安全ルールの周知徹底の重要性への熱い思いがマネジメントから直接語られました。
 また、2015年よりHSSE地域相互訪問として、地域ごとに事業所や支店のマネジメントが互いに訪問し、安全と危機管理に関して部門の垣根を越えた相互理解と連携強化を推進しています。
 2016年度はHSSE役員訪問24ヵ所、HSSE地域相互訪問29ヵ所を実施しました。これらの取り組みを通してHSSEとコンプライアンスは全てに優先するというビジョンを昭和シェルグループ全員で共有し、今後も引き続きゴールゼロを目指して各職場でHSSE活動を推進していきます。
広報部, GSファイナンス事業本部, 環境安全(HSSE)部, 法務部, 財務部, 総務部, 人事部, 情報企画部, 株式会社ディ・エフ・エフ
HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
HSSEマネジメントシステム
Response thumb 2.fw

HSSEマネジメントシステム

 当社グループではHSSEに関わるパフォーマンスを自主的かつ継続的に改善するためにシェルグループが開発した「HSSEマネジメントシステム(HSSE-M...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
HSSE推進体制
Response thumb 2.fw

HSSEフォーカルポイント

 各部門や各事業所に、HSSEの担当者として「HSSEフォーカルポイント」を部門長が選任します。HSSEフォーカルポイントは部門長、管理職および担当者...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
HSSE推進体制
Response thumb 2.fw

HSSE監査

 関係会社を含むグループ各現業所に対しては、社内の監査部門による業務監査と時期を合わせてHSSE監査が行われています。  現業所の規模により2~4年...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
HSSE推進体制
Response thumb 2.fw

HSSEの事前評価の実施について

 新規事業の導入、大規模設備の設置、新製品の開発等にあたっては、HSSEに関する事前評価(デュー・デリジェンス)を実施しています。また、既存の事業等に...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
健康(HEALTH)
Response thumb 2.fw

安全衛生委員会の実施

 労働安全衛生法の定めにより、会社と組合員とで組織する安全衛生委員会を設け、職場の労働安全衛生について話し合いの機会を持ち、定期的なフィードバックや改...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
健康(HEALTH)
Response thumb 2.fw

健康維持およびメンタルヘルスケアの取り組み

 健康面においては、法定項目を上回る内容で健康診断を毎年実施し、結果に応じて産業医などによる健康指導や精密検査受診のフォローを行っています。また、健康...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
健康(HEALTH)
Response thumb 2.fw

健康相談窓口の設置

 イントラネット専用サイト「こころとからだの健康プラザ」において、健康についてのトピックスを定期的に発信するとともに、プライバシーを守った上で心身の健...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
安全(SAFETY)
Response thumb 2.fw

ゴールゼロ運動の実施

 安定供給の使命を果たしお客様からの信頼を築いていくためには、休業災害などの重大事故発生を未然に防ぐことが非常に重要です。事故を未然に防ぐには、設備の...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
安全(SAFETY)
Response thumb 2.fw

全労働災害発生率

 関係会社を含むグループ全体の労働災害発生件数についてはリアルタイムでモニタリングが行われ、状況に応じてグループ全体で推進する、安全啓発・推進活動「ゴ...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
安全(SAFETY)
Response thumb 01

VR(バーチャルリアリティ)技術を活用した安全体感教育の実施

 労働災害に関して、近年では事故が減少したことにより、作業者が災害に直面するという経験そのものが少なくなっていることで、危険に対する感受性(危険予知能...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
安全(SAFETY)
Response thumb 2.fw

安全運転管理者ネットワークの設置

 当社グループの営業車等における交通災害(車両事故を含む)撲滅のために、ドライビングスタンダードを制定し、道路交通法の安全運転管理者設置義務のない事業...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
安全(SAFETY)
Response thumb 2

安全表彰式の開催

 グループ全社をあげて、社員の安全意識の啓発および会社の安全水準の向上を図ることを目的に、1992年より「安全表彰式」を実施しています。毎年3月に表彰...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
安全(SAFETY)
Response thumb 3

HSSE役員訪問の実施

 HSSE役員訪問は2006年に始まり、毎年全役員が分担して各職場を訪問し、HSSE活動を確認するとともに職場の一人ひとりと語り合い、ゴールゼロを目指...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
危機管理(SECURITY)
Response thumb 5

危機管理総合訓練の実施

 当社では、首都直下型地震、南海トラフ巨大地震などの大災害を想定し、本社機能が停止した場合でも全国の製品受注・出荷が継続できるよう危機管理計画書(CM...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
危機管理(SECURITY)
Response thumb 7

火災に備えた実火訓練

 複雑で大規模な火災となりやすい危険物施設の消火活動においては、火災の行方の的確な判断と戦略的な消火活動が要求されます。新潟防災訓練所は実火体験を通じ...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
危機管理(SECURITY)
Response thumb 2.fw

グループ製油所、輸送部門、販売部門における大規模地震対策への取り組み

 2011年に発生した東日本大震災以降、各部門において首都直下地震、南海トラフ地震を想定した訓練を実施しています。  そのほかにグループ製油所では数...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
危機管理(SECURITY)
Response thumb 2.fw

グループ製油所における取り組み

 当社は京浜製油所、四日市製油所、山口製油所の3ヵ所のグループ製油所で石油製品を生産しています。安全面に関しては、HSSE-MSを運用し、包括的・継続...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
危機管理(SECURITY)
Response thumb 11

輸送部門の取り組み―海上輸送

 海上輸送は、2004年から当社グループが傭船する内航船を対象として、船の安全性や健全性を確認するため、当社グループの検査員による評価(検船とスクリー...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
危機管理(SECURITY)
Response thumb 12

輸送部門の取り組み―ローリー配送

 ローリーに漏洩防止装置(CPS)や誤配送防止のためのDCD(Driver Controlled Delivery、単独荷卸し支援システム)を装着する...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
危機管理(SECURITY)
Response thumb 2.fw

燃料販売部門の取り組み

 サービスステーション(SS)では、お客様に信頼される製品・サービスを提供するため、現場スタッフが安全・品質管理において特に注意すべき事項が体系的にま...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
環境保全(ENVIRONMENT)
Response thumb 2.fw

環境保全推進体制と中期環境アクションプランの策定

 「健康、安全、危機管理および環境保全に関する基本方針」のもと「環境保全規則」を定めています。この規則のもと環境安全(HSSE)部が主管となり、HSS...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
環境保全(ENVIRONMENT)
Response thumb 2.fw

環境負荷抑制の重点領域

 当社ビジネスにおいては、当社グループの原油精製量の100%を担う「グループ製油所」における製造プロセスの環境負荷と、お客様の石油製品使用による「消費...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
環境保全(ENVIRONMENT)
Response thumb 2.fw

省エネルギーと地球温暖化防止の取り組み

 石油製品の製造工程では、購入電力および自家燃料をエネルギーとして投入した結果、相当量の温室効果ガスが排出されています。当社は調達から販売までのサプラ...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
環境保全(ENVIRONMENT)
Response thumb 2.fw

環境への影響と取り組みの全体像

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
環境保全(ENVIRONMENT)
Response thumb 2.fw

環境汚染防止の取り組み

大気汚染の防止  加熱炉やボイラーで使用される燃料油や燃料ガスから発生する硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)の排出量削減に取り組んでいます。...

HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)
環境保全(ENVIRONMENT)
Response thumb 15

産業廃棄物削減の取り組み

太陽電池事業における取り組み  当社グループのソーラーフロンティアが生産するCIS薄膜太陽電池は、カドミウムや鉛はんだを使用しておらず、原料から廃棄...